March 06, 2012

選んで楽しい色上質紙

色上質紙・クラフト紙フェアでは、色上質紙薄口とクラフト紙の紙色を多数ご用意しております。
紙替え6色まで無料ですので、インク色が同じでも紙色を替えていろいろな雰囲気の仕上がりを楽しめます。

投稿者 norimatsu : 09:26 AM | コメント (0)

February 27, 2012

小部数フルカラーあります

手描き原稿でフルカラーに挑戦したい方のために小部数フルカラー印刷があります。
オフセット印刷はデータ入稿オンリーで印刷枚数300枚からに対して、小部数はアナログ入稿OKで30部から対応可能です。
小部数のアナログ原稿の場合、原稿スキャン、オンデマンドのプリンター出しなので、金・銀や蛍光色の再現は出来ませんのでご注意下さい。

投稿者 norimatsu : 06:32 AM | コメント (0)

February 15, 2012

のりまつ印刷だけのグラデーション!

斜めグラデーションは、のりまつ印刷オリジナルのグラデフェア、他ではやっていないハズです。
B5を縦置きにして通常は上から下に向かってのグラデーションですが、斜めグラデは左上から右下に向かって斜めにグラデーションがかかるのです!
料金はちょっと高めにはなりますが、かなり個性的です。
いつものグラデでは物足りないときや、イラストの構図的に斜めのグラデのほうが合っているかもと思うときには、ぜひ一度お試し下さい!

投稿者 norimatsu : 09:09 AM | コメント (0)

February 10, 2012

指定グラデーションでお得に!

のりまつ印刷では、インク色を指定したお得なグラデーションのフェアを2種類ご用意しています。

 峪慊蠖Д哀薀如璽轡腑鵑任潅輅源にお得!
  2パターンのインクの組み合わせのいずれかでご注文いただければ、初めての方でもご注文時に
  割引があるんです!

◆岾箘券進呈グラデーション」で次回のご注文時にお得!
6パターンのインクの組み合わせのいずれかでご注文いただければ、納品時に次回以降にご利用
  いただける割引券を進呈いたします!

インクの組み合わせに迷ったときや、とりあえずグラデーションならインク色にはこだわらないという場合などに一度お試し下さい!

投稿者 norimatsu : 09:20 AM | コメント (0)

February 01, 2012

封筒印刷

「B5が入る角3封筒」印刷いたします。

「B5が入る」ということは、通販でご注文の便せんや本を送ったりするのに最適サイズです。
発送人の住所氏名などを印刷すれば宛名を書いて発送するだけです。
派手なグラデーションで全面イラスト入りで印刷すれば、「あの封筒はどこのサークルの?」とイベント会場でも目立つこと間違いなし!

封筒の色はクラフトと白をご用意しています。
料金表にはないのですがお見積でカラー封筒もご利用いただけます。
落ち着いた単色印刷の他、のりまつ印刷ならではのグラデーションでの印刷も可能です。

投稿者 norimatsu : 06:34 AM | コメント (0)

January 30, 2012

小さくてかわいいメモ帳です

のりづけ印刷=メモ帳の印刷ですが、B7サイズ(B5の1/4サイズ)仕上がりで作られる方が多いです。
B4でグラデーションで印刷したときに、上側の絵柄とと下側絵柄ででインクの流れがちがうので違う雰囲気のものが出来上がってなかなか面白いです。
同じ絵柄をコピーしてB4に8個(B5内に4個づつ×2枚)並べて印刷すれば、印刷枚数が少なくても冊数は多く作れます。
印刷とのりづけのみの加工でしたら、8営業日後の発送が出来ますので、通常の便せんと同じ納期でのお届けが可能です。
ちなみにトレーシングの表紙+台紙+テープ巻きありだと、加工の日数が+2日で10営業日後の発送になります。

投稿者 norimatsu : 06:38 AM | コメント (0)

January 25, 2012

B5サイズから便せん印刷できます!

B4サイズでご注文いただく場合、当然ですがB5の仕上がりのものでしたら原稿を2枚ご用意いただくようになります。
でも、違うインクで何種類も作りたいときや、再版で1種類だけ必要な場合や、急な告知のペーパーでB5サイズ1枚だけで印刷したい場合もあると思います。
のりまつ印刷ならB5サイズでの受付もしていますので、ワリカンの相手を探したりしなくても印刷できます!

投稿者 norimatsu : 03:05 AM | コメント (0)

January 23, 2012

安くて週末必ずお届けできます

現行フェアの中でもっとも安く印刷できるのは単色おまかせ定期便です。
このフェアのみ火曜日〆切(祝日と重なった場合は月曜日)となっているのは、水曜日印刷・木曜発送・金曜〜土曜お届けで週末のイベントなどに確実に間に合うようするためです。
さらに、ペーパー印刷などに利用しやすいように黒・黄色以外の色インク単色のおまかせインクで印刷するフェアとなっています。
色上質紙や特殊紙のフェアでも利用できるのでペーパーなどは紙色でインパクトをつけてもよいかも?!
イベントにも間に合って、割引も一番多いのでインク色にこだわらない印刷はこのフェアをご利用いただけるとお得です!

投稿者 norimatsu : 09:20 AM | コメント (0)

January 19, 2012

選んで楽しいオリジナルグラデ

オリジナルグラデーションの組み合わせを考えるのはなかなか楽しい作業です。

のりまつ印刷なら追加料金なしでオリジナルグラデーションの組み合わせを作れちゃいます!

印刷する側としても、オリジナルグラデーションはどんな仕上がりになるのかいつもワクワクしながら作業をしているんですよ。

印刷サンプルページでは、実際にお客様が印刷した見本をたくさん掲載しているので参考にしてみてください。

投稿者 norimatsu : 08:44 AM | コメント (0)

January 18, 2012

オールクラフト紙の本はいかが?

のりまつ印刷の同人誌の印刷では、クラフト紙の表紙が使えます。
表紙用の紙は半晒と両晒だけですが、ミニコミ本印刷フェアでしたら本文もクラフト紙の使用が追加料金なしで可能なので、オールクラフト紙の本が作れます。
クラフト紙はざらついた感触の味のある紙質で人気の紙です。
なかなかこだわった感じの本に仕上ると思います!

投稿者 norimatsu : 08:47 AM | コメント (0)

January 17, 2012

すぐにほしいときは

「イベントで急な告知チラシを刷りたい」「イベント当日販売用の便せんがない」など急ぎで必要な場合は、のりまつ印刷の特急印刷をご利用下さい。

原稿を到着希望日の2営業日前(お届けに2日かかる地域は3営業日前)の午前中に届くようお送りいただければ、到着当日印刷、翌日発送いたします。
インク色はグラデーションまたは、単色のいずれかのおまかせインクになりますが、特急料金はかかりません。
また、単色の場合は、ピンク・ブルー・パープルの系統のインクか、他のご希望の色があればお選びいただくこともできます。

最短で入稿からお届けまで4日間(お届けに2日かかる地域を除く)で仕上ります!

投稿者 norimatsu : 08:36 AM | コメント (0)

January 16, 2012

2色印刷の白インク

2色印刷の白インクの使用例はもうご覧いただけたでしょうか?
見本をご提供下さったお客様のイラストがとっても素敵なのですが、白の使い方もすごくいいなあと思います。白いエプロン

白インクは追加料金なしでご利用いただけます。
「白インク使ってみたかったんです」というお客様もいらっしゃるようですので、ぜひチャレンジしてみてください。

投稿者 norimatsu : 08:39 AM | コメント (0)

January 13, 2012

年賀状ありがとうございました

年賀状を下さったお客様、ありがとうございました。
かわいいイラストつきのものとかもあってうれしかったです!

このところ、何年かぶりにご注文下さるお客様もいらっしゃいます。
以前貯めてあったスタンプカードをお持ちでしたら、ぜひ原稿といっしょにお送り下さい。
スタンプポイントに期限はありませんので、ポイント加算や割引券としてご利用いただけます。
データ入稿オンリーの場合は、画像添付でも結構です。

投稿者 norimatsu : 09:24 AM | コメント (0)

January 12, 2012

願いは千客万来!?

先日、豊川稲荷へ初詣に行ってまいりました。
商売繁盛の祈願のため、お札と熊手を買いました。
早速事務所に飾りました。

のりまつ印刷に注文した際に同封されているアンケート用紙ですが、多数のご協力ありがとうございます。
希望特殊紙や復活希望グラでなどは次回フェアに反映されることもありますので、ぜひぜひご意見をお寄せ下さい。データ入稿オンリーの方は画像添付でも可です。

投稿者 norimatsu : 08:57 AM | コメント (0)

January 06, 2012

あけましておめでとうございます

2012年の仕事始めです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

このブログ、長いことほったらかしになっていたのですが、今年はちょっとがんばってみようかなと思います。
お暇がありましたらお付き合い下さい。

ミニコミ担当

投稿者 norimatsu : 07:36 AM | コメント (0)

October 07, 2005

2色印刷原稿の作り方

今回は、2色印刷原稿の作り方についてお話したいと思います。
「2色印刷してみたいけど、原稿の作り方がわからない」
「何度かトライしたけどいつも失敗しちゃう」
という方必見です。

2色印刷の原稿は、原稿用紙を2枚使用して作ります。
仮に赤インクと青インクで2色印刷するとします。
赤インクの部分のみの原稿と、青インクのみの部分の原稿が別々で必要になります。

そして重要なものが「色合わせ用のトンボ」です。
原稿を描く前に色合わせ用のトンボを原稿に引いてから、主線となる方の原稿を作成し、色合わせ用のトンボを基準にしてもう1枚の原稿を作成するとうまくあわせる事が出来ます。

失敗しにくい2色印刷の原稿を作成するコツは、「多少ずれても問題ない」という原稿を作る事です。
目の中や服の襟や靴の模様、人物が持っている細いものの中など細かい部分の合せがある場合は、ぴったり合えばよいのですが、ちょっとでもずれるとはみ出してしまい、とても汚い2色印刷に見えてしまいます。
絶対に失敗しない原稿とは、1色目と2色目がそれぞれ独立している原稿です。
1色目だけで見ても内容がわかる、2色目だけで見ても内容がわかるというものです。
たとえば、1色目は人物とまわりの模様トーンのみ、2色目は罫線と模様トーンの上の飾り枠のみといった具合です。
ぴったり合わせる原稿を作る自信はないけど、2色印刷をやってみたいという方は、ぜひ「絶対に失敗しない」原稿で挑んでみてはいかがですか?
もちろんトンボでぴったり合う2色印刷もお待ちしております。

投稿者 norimatsu : 05:00 AM | コメント (0)

端まできれいな印刷をするには

第2回目のテーマは、「端まできれいな印刷をするには」という内容です。

注文した印刷物の仕上りを見て、「原稿の端のベタやトーン、背景が紙端まで届かずに白い部分ができてしまっている」「印刷に出る部分に書いたはずの文字などが欠けている」などと感じた経験はありませんか?
これは、原稿を作成するときにちょっと注意して作れば改善されます。

まず、「原稿の端のベタやトーン、背景が紙端まで届かずに白い部分ができてしまっている」という点に関してです。
この場合は、原稿を作るときにベタや背景を描くのを仕上り線まででとめてしまっているためだと思います。
市販の原稿用紙や印刷会社で作成している原稿用紙には、仕上り線とその外側に1本の線が書かれていると思います。この外側の線までベタやトーンや背景を描くようにすると紙端まできれいに印刷に出ます。
なぜ仕上り線まで書いたのではではきれいに印刷できないのかというと、仕上げで回りを切り落とすときに生じる誤差があるため、仕上り線までしか描いていないとその誤差分白い部分になってしまうためです。

次に、「印刷に出る部分に書いたはずの文字などが欠けている」という点に関してです。
この場合は、仕上り線がどこなのかを確認してみてください。B5の仕上りサイズは257mm×182mmです。
そのサイズが当てはまる線の外側の文字などは印刷には出ません。
また、そのサイズ内でも仕上りサイズのぎりぎりに書かれた文字は、仕上げで回りを切り落とすときに生じる誤差で欠けてしまう恐れがあります。
文字などが欠けてしまわないようにするためには、仕上り線の内側5mm程には文字を書かないように
した方がよいでしょう。

上記の点に注意して紙端まできれいに印刷できる原稿を作成して下さいね。
では、今回はこの辺で失礼します。

投稿者 norimatsu : 04:59 AM | コメント (0)

わからないことは聞く

ここでは、上手な原稿の作り方から、得する注文の仕方など、同人印刷をするにあたってのワンポイントアドバイス的なことを掲載していきたいと思います。

さて、第一回目のテーマを何にしようかと考えて、当たり前なのですが「わからないことは聞く」が一番よいのではないかと思いました。

初歩的なことでも、ホームページの説明でわかりにくかった部分でも、納期が短いけどイベントに間に合うかでも、どんなことでも聞いてください。
わからないままでは注文も出来ないし、わからないまま注文した場合には確認などのために作業が中断してお届けが遅れてしまう恐れもあります。
どんな些細なことでもいいので、なんでも聞いてください。わかることは何でもお答えします。

聞くときに一つ注意点があります。
すぐに返事が欲しい場合は、お電話でのお問い合わせでお願いします。
メールやFAXだとすぐにお返事できない場合がありますので。

第一回目はこのへんで終わりたいと思います。
次回のテーマはまだ決めていませんが、取り上げてもらいたいことなどありましたら、お寄せいただければ幸いです。

投稿者 norimatsu : 04:58 AM | コメント (0)

October 05, 2005

失敗しない2色印刷原稿の作り方

こんにちは。ミニコミ担当です。

今回は、2色印刷原稿の作り方についてお話したいと思います。
「2色印刷してみたいけど、原稿の作り方がわからない」
「何度かトライしたけどいつも失敗しちゃう」
という方必見です。

2色印刷の原稿は、原稿用紙を2枚使用して作ります。
仮に赤インクと青インクで2色印刷するとします。
赤インクの部分のみの原稿と、青インクのみの部分の原稿が別々で必要になります。

そして重要なものが「色合わせ用のトンボ」です。
原稿を描く前に色合わせ用のトンボを原稿に引いてから、主線となる方の原稿を作成し、色合わせ用のトンボを基準にしてもう1枚の原稿を作成するとうまくあわせる事が出来ます。

失敗しにくい2色印刷の原稿を作成するコツは、「多少ずれても問題ない」という原稿を作る事です。
目の中や服の襟や靴の模様、人物が持っている細いものの中など細かい部分の合せがある場合は、ぴったり合えばよいのですが、ちょっとでもずれるとはみ出してしまい、とても汚い2色印刷に見えてしまいます。
絶対に失敗しない原稿とは、1色目と2色目がそれぞれ独立している原稿です。
1色目だけで見ても内容がわかる、2色目だけで見ても内容がわかるというものです。
たとえば、1色目は人物とまわりの模様トーンのみ、2色目は罫線と模様トーンの上の飾り枠のみといった具合です。
ぴったり合わせる原稿を作る自信はないけど、2色印刷をやってみたいという方は、ぜひ「絶対に失敗しない」原稿で挑んでみてはいかがですか?
もちろんトンボでぴったり合う2色印刷もお待ちしております。

投稿者 norimatsu : 11:59 PM | コメント (0)